【レコードとわたし】歐陽菲菲 – 愛的路上我和你

年代不明。親父さんのレコード。A-1 がセクシー・バスストップなので恐らく’70年代中頃。

ここからしばらく僕の親父さんのレコードが続く。実家を出る時、もうアナログ盤は聴かないって事なので、何枚か持ってきちゃった。

これはなんだろう、台湾で買ってきたんだろうか。親父さんは若い時からよく海外旅行に出てたらしいけど、シンガポールとか台湾とかばかりで、欧米に行ったって話は聞いた事がない。

アジアクラブっていう、アジア諸国から日本に来た留学生を支援する団体に参加してて、よくうちには台湾人やインド人やシンガポール人の留学生がご飯を食べに来てた。中国語も習ってた。

親父さんはそんないいとこのぼっちゃんというわけでないんだけど、なんでかアジアへの意識が高かった。で、まずは戦争の時の日本の蛮行を深く謝罪するところから付き合いを始めてた。家族で台湾に行った時もそうだった。知り合いのご両親を紹介された時なんかは特にそう。

だから未来志向とか言って、とりあえずそれはそれって感じで話を始めようとする今の日本のアジア外交が下品に思えてしかたない。補償したから金出したからもう謝らなくていいって、下品と言わずしてなんと言おう。

ピース。