音が出る

【レコードとわたし】Pat Metheny Group – Travels

西独盤’83年オリジナル。ギターレコーズ通販にて。 ギターレコーズっていうギター中心の音楽専門の中古レコード屋があって、そこでメセニー特集をやってたので見てみたら、探してたこれが見つかった。US盤は結構見かけるんだけど、西独はなかなか見ない。 メ…

【レコードとわたし】Frank Zappa – The Grand Wazoo

US盤’72年オリジナル。ギターレコーズ通販にて。 ワカジャワカはオリジナルを何度か見かけたけど、これは見たことない。通販サイトのDMで出てたのを発見、思ったより安かったのでポチった。インナースリーブがなかったけど、まあよい。 本当は The Mothers …

【レコードとわたし】フリーボ – Smoking Blues

2023年アナログ再発。新宿ユニオンJ-POPストアにて。 2024年の最初の買い物。レコードに限らず、あらゆるもの含めて、お買い物初め。 思えばこのアナログレコード探訪、ほぼ2年前のフリーボのすきまからの再発から始まったのであった。ぐるっと一回りした感…

【レコードとわたし】The Pentangle - The Pentangle

UK盤’68年オリジナル。ユニオン新宿ロックレコードストアにて。 オリジナル盤は割りと見かけるけど、レーベルに「Shel Talmy Production」のクレジットがない1st プレスは、話には聞いてたけど実際に見るのは初めて。 買い物するつもりじゃなかったんだけど…

【レコードとわたし】Charles Mingus – Cumbia & Jazz Fusion

US盤'78年オリジナル。レコードシティ通販にて。 '70年代アトランティックミンガスは楽しいな。中でもこれは人気盤らしく、出回る数がダントツ。 でも、ミンガス聴くといつも感じる燃える感じはあまりないかなー。もうちょっと回数聴いたら変わるかも知れな…

【レコードとわたし】友部正人 - にんじん

‘73年オリジナル。レコードシティ通販にて。安かった。 オビはあるけど歌詞やライナーなどインサートがない。安いはずだと思ったら、どうも元々ないらしい。 詩人と名高い人のレコードで意外だ。歌詞は耳から入るだけでわかるという自信なのだろうか。 実際…

【レコードとわたし】西岡恭蔵 - ディランにて

‘72年オリジナル。レコードシティ通販にて。 時々オリジナルという表記で、お馴染みのベルウッドマークに濃い緑のレーベルのものが出てるけど、それは2ndプレスで、この単純な松ぼっくりマークに薄緑のレーベルが1st プレス。なかなか見ないのを見つけてしま…

【レコードとわたし】Keith Jarrett – The Survivors' Suite

西独盤’77年オリジナル。レコードシティ通販にて。 キースは日本に出回る中古レコードのほとんどが国内盤。帯付き当たり前。日本人気すごい。 ‘97年の暮れ、その年の最後のジンタのライブで、いつも配ってたライブのしおりに、各メンバーのその年に聴いたお…

【レコードとわたし】Godiego – Our Decade

‘79年オリジナル。新宿HMVレコードショップにて。また110円の箱にて発見。 あると思って信じて110円コーナーをかき分けて、最後の最後の山で発見。気分はシュリーマンだ、やったぜ。 ’90年代後半、ジンタやってた頃に初めて聴いた。それまでゴダイゴは懐メロ…

【レコードとわたし】Curtis Mayfield – There’s No Place Like America Today

EU盤2021年再発。ユニオン新宿ソウル・ダンスミュージックショップにて新品で。 オリジナルはバカ高いので諦めてたところ、ライノから出てるのを知った。 Discogsによると、レコジャケの運転してるお父さんがバイデンになっていて、黒人の行列の背景に「BLM…

【レコードとわたし】The Byrds – Ballad Of Easy Rider

US盤’69年オリジナル。ユニオン新宿中古センターにて。 ジャケも盤も再発なんじゃないかと思うくらいのミント。でもそんなに高くなかった。ボロボロのプロモ盤の方がうんと高い。 アナログを買い始めて、バーズはとにかくこれが欲しいと思ってたんだけど、ち…

【レコードとわたし】Ry Cooder – Paradise And Lunch

US盤’74年オリジナル。ユニオン新宿ロックレコードストアにて。 チキスキはそこら中にUSオリジナル盤が溢れかえってるのに、これはなかなか見ない。出たらどんな値段がつくんだろうと思ったら、大したことなかった。拍子抜けの勢いでお持ち帰りとあいなった…

【レコードとわたし】Neil Young With Crazy Horse – Everybody Knows This Is Nowhere

US盤'69年オリジナル。ユニオン新宿ロックレコードストアにて。 こいつは見かけると大体5桁が当たり前の相場感なんだけど、えっていう値段で出てた。しかも割りと高めの事が多いロックレコードストアで。 盤面に大きめのスリキズがあるけど、ヘッドホンで聴…

【レコードとわたし】James Taylor – Sweet Baby James

US盤’70年リプレス。新宿ユニオンロックレコードストアにて。 市場ではこれも一応オリジナル扱いになってるが、本当の初盤はワーナーじゃなくて Seven Arts 盤。まだ実物を一回も見た事がない。出たらいくらになるんだろう。 流石にこのくらいの名盤ともなる…

【レコードとわたし】アン・サリー - Voyage

‘21年再発。アナログとしてはオリジナルってことになるのかな。Amazonにて。 あれは’92年だったか’93年だったか。当時付き合ってた人が大学で写真部の部長をやっていて、学園祭に出展する写真を撮るから付き合え、後輩も来るってんで、出かけた事があった。 …

2023-12-23 Petit MOA でエルナさんお誕生日ライブ

昨年に引き続き、エルナ・フェラガ〜モさんの25ansライブでギターを弾きました。2年目ともなると少し余裕が出来て超楽しかった。 昨年はこちら。 rokugensai.hatenablog.com まだライブの様子など、動画はあがってないみたい。 今回はどうやら常連らしいお客…

2023-11-18 ハーネスで唄処せいじ

ライブ記事、去年の12/23のエルナさんのそれ への参加以来。 人のライブの観戦となると、去年の12/11 の Horic 以来だ。まるっと一年、何も見ずに、出かけることなく過ごしてしまった。そろそろ外に出ないといかん。 というわけで、復活した田所せいじが阿佐…

【レコードとわたし】アリス - アリスV

'76年オリジナル。新宿HMVレコードショップの110円コーナーにて。 小学校2年生の時、'78年、学校の教室では、野球帽をまぶかにかぶってアリスのチャンピオンごっこをするのが大流行した。 給食の時間、放送委員会がBGMを流すんだけど、そこでもチャンピオン…

【レコードとわたし】Pat Metheny Group – Pat Metheny Group

西独盤'78年オリジナル。新宿ユニオンの、どこで買ったか忘れちゃった・・・。 ずっと探しててなかなか見つけられなかったんだけど、ジャケが比較的綺麗なものがお手頃価格で出てた。 こういう白いジャケはとにかくみんな汚い。手で触ったところから皮脂が変…

【レコードとわたし】The Allman Brothers Band – Idlewild South

US盤'70年オリジナル。ユニオンレコード新宿にて。 安い国内盤多めの新着コーナーをあさってたらいきなり見つけてびっくりした。安くはないけどこの状態だったら安い。 '89年浪人中、キャプリコーンものが一気に再発された。クリーム色の帯のやつ。高校の時…

【レコードとわたし】ゴダイゴ - マジックカプセル

'79年オリジナル。これはちゃんとした売り場にあったので110円ではない。まあえらい安かったけど。 ゴダイゴとわたし、中学生編。 ゴダイゴはもちろんリアルタイムで、西遊記から999、マリンエキスプレス、国際児童年にポートピアと、ぼーっと小学生ライフを…

【レコードとわたし】ゴダイゴ - CMソング・グラフィティ

‘78年オリジナル。新宿HMVレコードショップにて。これも110円。 ジンタやってた頃に突如自分の中に到来したゴダイゴブームでCDを買ったのが最初。 軽い気持ちで買ったんだけど、次から次に溢れ出てくる美メロに腰抜かした。10年選手のシングル集くらいのクオ…

【レコードとわたし】ゴダイゴ – 西遊記

'78年オリジナル。新宿HMVレコードショップにて。110円だった。 盤面がカビててほこりもひどかったけど、傷はなかったらしく、洗ったら再生してもまったく気にならない。やったぜ。 '78年当時、我が家にもガンダーラとモンキーマジックのシングル盤があった…

ラジオでジンタがかかったよ(11年ぶり2度目)

ゆうべ、bayfm でジンタの曲がかかったよ。 2012年、星野源のラジオでゴンドラの唄がかかった(らしい、僕は未聴)以来。ラジオだけじゃなくて、紙媒体も含めあらゆるメディアでの露出が11年ぶり。 www.facebook.com ロビー・ロバートソン追悼ザ・バンド特集…

【レコードとわたし】Jo Mama – Jo Mama

US盤'70年オリジナル。ディスクユニオン通販にて。 アナログ盤を買い始めた時からずっと欲しかった一枚。やっと見つけた。2ndは結構出るんだけどこれはほんと見かけない。 ジョー・ママの名前はJTのマッド・スライド・スリムのライナーノーツで知った。みん…

【レコードとわたし】Joni Mitchell – The Hissing Of Summer Lawns

US盤2010年ライノ再発。下北沢General Record Store にて。 オリジナル、なかなか出ないのでもうライノからの再発でもいいやと思ってた矢先、中古で安く出てたので買っちゃった。 ライノの再発は、バーコードをステッカーに載せて、ジャケ自体にはバーコード…

【レコードとわたし】The Band – Stage Fright

US盤'70年オリジナル。下北沢フラッシュディスクランチにて。 メンバー写真のアウターがなくて、ジャケにシールを剥がした跡があるので、割りと安かったし、ロビー追悼って事で買ってきた。 ザ・バンドの1stと2ndは、十代のうちに一般教養的なもんで取り敢え…

【レコードとわたし】Eddie Costa – The House Of Blue Lights

国内盤'78年再発。下北沢General Record Store にて。 ロックのコーナーに紛れて入ってた。ありそうでなかなか見ないし、安かったのでサルベージ。 時は'94年、大西順子のビレッジ・バンガードのライブが出て、世の中ちょっとした大西順子ブームだった。 大…

【レコードとわたし】Charles Mingus – Changes One

US盤’75年オリジナル。ディスクユニオン通販。 着々とオリジナルで集まりつつある70年代ミンガス。Changes Two はお気に入りだったけど、これは聴いた事がなかった。シリーズものなので内容はほぼ同じ。 学生時代に、マンションの夜間緊急連絡の受付バイトを…

【レコードとわたし】The Fugs – It Crawled Into My Hand, Honest

US盤’68年オリジナル。ディスクユニオン通販にて。憧れのリプリーズツートーンラベル。今まで見た中で一番安かった。 初めて聴いたファッグス。大学2年生、’91年かな、サイケ伝道師の先輩、八景さんの家に泊まりにいった時に聴かせてもらって、二人でゲラゲ…