【レコードとわたし】The Fugs – No More Slavery

フランス盤'86年オリジナル。多分。 これは八景さんの家で聴いたんだった。最初聴いた時は、ずいぶんナウい音だなあと思ったけど、プロフェット5の音とか、今となってはロッククラシックの風格すらある。 戦争反対。マジで。

【レコードとわたし】The Fugs – It Crawled Into My Hand, Honest

US盤’86年再発。これはどこで買ったんだっけな。西新宿七丁目だったかモダーンだったか。’92年ごろかなあ。Edselの再発ものを新品で購入。Edselってレーベルも懐かしい名前だな。 一人暮らし始めてたから多分’91年、大学2年生だと思う。八景さん(先輩という…

【レコードとわたし】The Fugs – The Fugs First Album

イタリア盤再発。年代不明。’92、3年くらいに新宿で買ったはず。モダーンだったかな・・・ ジャケが綺麗なので、部屋の上の小壁に飾ってた。楽しそうにサークル棟で遊んでる感じでいいんだよなあ。2ndの方がロック名盤ってことでよく取り上げられるんだけど…

【レコードとわたし】Forest - Forest

US盤‘69年オリジナル。てっきりUK盤だと思ってた・・・これは大学生の時にせっちゃんに教わったはず。’92年か’93年ごろかなー。やや高めだったと思うけど、聴きたくて買った。 その数ヶ月か後に伊藤政則コレクションってシリーズでCD再発されるんだけど、不…

【レコードとわたし】Eric Clapton – 461 Ocean Boulevard

国内盤'81年再発。これは浪人中に実家の近所の公園で拾ったやつだと思う。 最初にクリームからクラプトンに入門したので、彼のソロのことは全然知らなかった。 どんだけ無知だったかというと、'87年の武道館に行ったんだけど、イントロでダダダダってギター…

【レコードとわたし】Derek And The Dominos – Layla And Other Assorted Love Songs

国内盤'79年再発。黄色い帯のシリーズを新品で購入。高校3年かなー。クリーム買い終わって、ブラインドフェイスも買って順番にこれ、って感じで。 リトルウィングと言えば僕にとってはジミヘンのしかもイン・ザ・ウェストだった。高校の時にやってたバンドの…

【レコードとわたし】Electric Light Orchestra – Discovery

国内盤'79年オリジナル。 これはマンションのゴミ置き場レコードかな。ほこりの音がすごくて残念な状態。元々がコンプぺったぺたの音だから、ホコリがひどいと歪んでるんだかこれでいいんだかよくわかんないんだよね。いいコンプも悪いそれに聴こえてしまう…

【レコードとわたし】The Electric Flag – An American Music Band

国内盤’68年オリジナル。 浪人中に買ったレコードコレクターズ(多分サザンロック特集)に、エレクトリックフラッグの1stの再発のレビューがあって、そのレコジャケがかっこよくて、バンド名もかっこいいし気になっていた。メンバーじゃない美人がいるジャケ…

【レコードとわたし】The Doobie Brothers - Best Of The Doobies

国内盤'76年オリジナル。 これも拾い物だけど、マンションのゴミ捨て場(こちら参照 )じゃなくて、浪人中かな、実家の近所の公園のゴミ捨て場に何枚も捨ててあったうちの一枚。 浪人中のまんじりともしない深夜、近所を散歩してたら見つけたんだった。当時…

【レコードとわたし】Doc Watson - Out In The Country

US盤'82年オリジナル。'89年、浪人中にお茶の水ディスクユニオン1号店にて新品を購入。 高校の時はずっとエレキばかりで、アコギは弾いたことがなかったし弾くつもりもなかった。 '89年の春だったか、ちょうどこの頃リトルフィートの再発があって、レコード…

【レコードとわたし】Daryl Hall & John Oates – Rock 'N Soul Part 1

国内盤'83年オリジナル。 中学3年の1月、もう受験間近って時に、体育の時間に足を骨折した。それから自宅で安静になって、ずっと学校に行かず、茶の間に急遽買った簡易ベッドをおいてそこで過ごした。 この年の冬は大雪で、松葉杖をつきながらの受験は大変だ…

【レコードとわたし】Arcadia - So Red The Rose

UK版'85年オリジナル。どこで買ったか不明、かなり安かった。外袋がないし、エサ箱にあったんじゃないかな。 邦題「情熱の赤い薔薇」の方がしっくりくる。 中学卒業した時、前述のデュランデュラン好きの菊地くんと、石塚くんとあとメカマもいたかな、有志で…

【レコードとわたし】Duran Duran - Seven And The Ragged Tiger

国内盤’83年オリジナル。もちろん中学生の時買ったもの。いや、買った覚えがないんだけど、誰かの持ってきちゃったかな。弟のかな。でも弟は小学生だったからなあ。 すんごい音が超いい。A-1 Reflex のクリアさにびっくりした。ほこりの音はぶちぶちいうけど…

【レコードとわたし】The Early Cream Of Eric Clapton, Jack Bruce & Ginger Baker

年代も国も不明。 ‘80年代後半くらい、原宿の竹下通りの裏に、ビートクラブって三大ギタリスト関連専門店があった。原宿に行くたびに寄って、高いレコードが飾ってるのを眺めてた。その店が入ってたビルは、他にもゲットバックってビートルズ専門店と、あと…

【レコードとわたし】Cream - Live Cream Volume II

国内盤’79年再発。これも黄色い帯シリーズ。’87年か'88年、吉祥寺ディスクオーツカで新品一割引だと思われる。 ライブのvol.1はなぜか買わないまま来てしまった。結局40歳過ぎてからCDで買った。 vol.2の最後の曲は Hideaway 表記になっている。本当は Stepp…

【レコードとわたし】Cream -Goodbye

国内盤’80年再発。これも黄色い帯シリーズで、’87年か'88年、吉祥寺ディスクオーツカで新品一割引だと思われる。 B面を最初聴いた時は、これまでのクリームのイメージと違ってて、なんかビートルズみたいでいやだった。曲調が急にポップになっただけでなくて…

【レコードとわたし】Cream – Wheels Of Fire

国内盤'79年再発。黄色い帯のクラプトン再発シリーズ。高校生の時、'87年かな、吉祥寺ディスクオーツカで新品多分2700円かなー。一割引きで。 吉祥寺レンガ館のレコファンに、金色ジャケのが5000円で長いこと置いてあり、いつも「うん今日もあるな」って確認…

【レコードとわたし】Cream – Disraeli Gears

国内盤'78年再発。とDiscogsにはあるが、ライナーのクラプトン年表は’79年まで網羅しているのでおそらく間違い。黄色い帯の2,000円のシリーズ。 生まれて初めて人前で演奏した曲が Sunshine Of Your Love だった。リフの繰り返しだから耳コピ楽だったし、誰…

【レコードとわたし】Cream - Fresh Cream

国内盤'80年再発。黄色い帯の2,000円のシリーズ。吉祥寺のディスクオーツカで新品だけど1,800円じゃなかったかな。あそこは新品割引きしてた。 収録曲は、I Feel Free なしの包装紙あり。 Discogsには'80年とあるけど、2ndや3rdが'78年だったり'79年だったり…

【レコードとわたし】Creedence Clearwater Revival – Willy And The Poor Boys

国内盤'78年再発。これも新品1500円のところ割引で1400円で買った。浪人中だから'89年。ディスクユニオンお茶の水1号店だ。大変お世話になった。 アメリカの人はCCRって言わないね、クリーデンスって言う。 コットンフィールズ聞いて、あっポンキッキの大き…

【レコードとわたし】Creedence Clearwater Revival – Bayou Country

国内盤'78年再発。大学生になってから買った。90年かな。新品で1,500円くらい。安い。このバージョン、10年以上プレスされ続けてたんだな。 シスコで唯一ドラッグと関係ないバンドって書かれてたの見たけど、このジャケ…こんな感じだよね… 盤のレーベルとラ…

【レコードとわたし】Country Joe & The Fish – Together

US盤'68年オリジナル。1100円くらい。'22年3月、新宿ディスクユニオンロックレコードストアにて。 フィッシュの手持ち全部聴いてたらこれが抜けてるのが寂しくて結局買ってしまった。

【レコードとわたし】Barry Melton – Level With Me

US盤'78年オリジナル。ザ・フィッシュのギタリスト、バリー・メルトンのソロ。ウッドストックで no rain no rain と叫んでた人です。 どんだけ好きだったのか、カントリー・ジョー。その熱量を忘れている…不思議な気分。 でも一番聴いたのはCDで買ったカント…

【レコードとわたし】Country Joe & The Fish – The Life And Times Of Country Joe & The Fish (From Haight-Ashbury To Woodstock)

US盤、年代不明の再発。'92から'93年、大学時代に新品で買った。どこだったかは忘れたなあ。モダーンミュージックかな? ベスト盤 + 未発表ライブ音源なんだけど、これには名曲、「Marijuana」が入ってて、大学のサークル棟で何かって言うとみんなで歌った思…

【レコードとわたし】Country Joe & The Fish – C.J. Fish

US盤'70年オリジナル。これも'92、3年じゃないかなー。どこで買ったかは不明。 大学のOBでサイケ導師の八景さんの一番のおすすめのザ・フィッシュのアルバムがこれだった。好きな曲は Here I Go Again だったから、てっきりこれに入ってる曲だと思ってた。 …

【レコードとわたし】Country Joe & The Fish – Here We Are Again

US盤'69年オリジナル。’92、'93年くらいかなー、西新宿七丁目のアメリカンロックに強い店で購入。ああ店の名前を思い出したい。1,500円くらいだったんじゃないかなー。 大学の時に、フリーバードというオールラウンド革命サークルに在籍してて、それを創設し…

【レコードとわたし】Country Joe & The Fish – I-Feel-Like-I'm-Fixin'-To-Die

US盤’67年オリジナル。ジャケは底破れでボロボロ。'90年か'91年、西新宿7丁目の店で買った。 当時ウッドストックフェスの映画を夢中で何度も見返してて、とにかくザ ・フィッシュが欲しくて、でもまだマーブルに入る前でモダーンの存在を知らず、いつも行っ…

【レコードとわたし】Country Joe & The Fish – Electric Music For The Mind And Body

US盤'87年再発。’90年代初頭、大学生の時に新品で買った。モダーンかな? 最初に買ったのは2ndで、それから結構経ってからこれを買った。こちらはそれより当時のシスコのロックバンドっぽさが出てたけど、2ndの方が曲がよかったからこっちはあまり聴かなかっ…

【レコードとわたし】Chic - Take It Off

US盤'81年オリジナル。高校生の時買った。これも多分吉祥寺レンガ館のレコファンかなー。 '86か'87年の話だから、当時はディスコは超流行遅れで、いっぱい安く出回ってたのでホクホクだった。アースの太陽神も買ったんだけど、レコードを売るということをや…

【レコードとわたし】Chic - Real People

国内盤'80年オリジナル。高校生の時吉祥寺のレンガ館のレコファンで安く買った。 中学3年生の時シックをベストヒットUSAのタイムマシンのコーナーで見て、受験終わったらギターを始めようと決めたわたくし。 10歳の頃から知ってる近所のおばさんにこれを持っ…